目のアレルギー

目のアレルギー

アレルギー性結膜炎

目の表面にアレルゲンが付着し、結膜に炎症を起こす病気です。目が充血し、かゆみや目やに等の症状が出ます。花粉、ダニ、ハウスダスト、コンタクトレンズの汚れなど、原因はさまざまです。

当院での治療法

アレルゲンを見つけるために、まず血液検査をします。アレルギー性結膜炎の治療は、点眼薬による薬物治療が中心です。重症のアレルギー性結膜炎「春季カタル」は、抗ヒスタミン点眼液やステロイド点眼液を処方するケースもあります。

花粉症

スギなどの花粉が目の表面に付着すると結膜に炎症を起こし、目が充血したり、かゆくなったりします。花粉症は、季節性のアレルギー性結膜炎です。

当院での治療法

抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬などの抗アレルギー点眼薬を処方します。

また自分で出来ることとして花粉が体内に入らないよう、マスクをつけるようにしましょう。花粉が直接目に入りにくくするように、メガネをかけるのもおすすめです。

ダニ・ハウスダストアレルギー

ダニやハウスダストがアレルゲンとなって、結膜に炎症を起こすこともあります。外から入ってくる異物に対して過剰な免疫反応が起こる、アレルギー性結膜炎の一つです。

当院での治療法

メディエーター遊離抑制薬、ヒスタミンやステロイドが入った点眼薬で治療します。点眼薬による治療だけでなく、アレルゲンとなるダニやハウスダストを増やさないことも大切です。

コンタクトレンズアレルギー

コンタクトレンズをつけている時、目が乾いたり、痛くなったりする症状が出ます。コンタクトレンズが汚れて曇りやすくなったり、レンズがずれたりします。コンタクトレンズに付着したゴミや汚れ、消毒薬などがアレルゲンになることもあります。

当院での治療法

コンタクトレンズを外して、アレルギー性結膜炎の疑いがある場合はまず治療を行います。コンタクトレンズの種類を変えることも必要です。コンタクトレンズは、使い捨てのものの方が衛生的なのでおすすめです。コンタクトレンズをつけるのは必要最低限にして、なるべく外すことを推奨しています。

春季カタル

春季カタルとは、アレルギー性結膜炎が進行して重症化した症状です。アレルゲン等の外からの異物に対して、異常な生体防御反応によって結膜に炎症を起こします。

見た目では、上まぶたの裏側に石垣状の凹凸ができます。凹凸により角膜を傷つけて強い痛みや異物感を感じることがあります。

春から夏にかけて悪化し、冬になると症状が軽減します。小学生のお子様や青少年に多く、大人になると症状が改善する傾向があります。

当院での治療法

春季カタルには、目薬や軟膏、免疫調整薬などを処方します。重症になると、手術が必要なケースもあります。

眼のことでお悩みでしたら、たまプラーザにあるたまプラーザテラスむくもと眼科まで、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 045-482-3215
    common_tel.png