よくある質問

よくある質問

Q

メガネをかけると、どんどん目が悪くなるのですか?

A

身長と同じで、視力低下も、いずれは止まるケースが多いです。視力が安定する7〜8歳までにメガネをかけるようにしないと、弱視につながる可能性があります。

Q

子どもの目線がおかしいので、心配です。

A

視線がどこかわからない方向に向かっているなど、目線が定まっていない場合は、斜視の可能性があります。早めに検査を受けて治療することをおすすめします。

Q

「はやり目」って何?

A

集団で短期間に発生する急性結膜炎を「はやり目」といいます。職場や学校、幼稚園に「はやり目」にかかっている人がいると、目からの分泌物がもとで感染します。家族内でも感染するので、注意が必要です。

Q

目が赤いのですが、「はやり目」でしょうか?

A

綿棒等を使って5秒で検査できます。また、7分ほどで検査結果も出ます。「はやり目」かどうか心配な時は、早めに検査することをおすすめします。

Q

「はやり目」を予防するには?

A

「はやり目」が流行っている時には、人混みに出かけるのを控えましょう。つり革や小銭に接触することで感染する場合もあります。外出したら石けんで手をよく洗いましょう。

「はやり目」の家族がいる場合は、感染の危険がありますので、タオル等は別のものを使用してください。休養や睡眠を十分にとり、体力や健康を維持することも大切です。

Q

最近、暗いところが見えにくいのですが?

A

初期の緑内障や糖尿病網膜症など、網膜疾患の可能性があります。早めの検査をおすすめします。

Q

ものが歪んで見えたりして、目が疲れやすいのは年のせい?

A

加齢による黄斑変性の可能性があります。黄斑変性は、欧米では失明の原因の第1位になっています。食事やライフスタイルが欧米化して、日本人も発症する患者様が増えています。早めの受診がおすすめです。

Q

健康診断の時に所見があったのですが?

A

「遠視性乱視」は、弱視につながる可能性があるので、必ずメガネをつける必要があります。とくに小さなお子様は、7〜8歳までにメガネをつけないと、視力が獲得できなくなってしまうので、注意が必要です。

血管が詰まったり血管の弱い部分が破れたりすることで、目の中が出血するのが「眼底出血」です。眼底出血は、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症が原因の可能性があります。

眼圧が高いと、「視神経乳頭陥凹拡大」と判定されます。緑内障の疑いがあるので、早めに検査を受けることをおすすめします。

眼のことでお悩みでしたら、たまプラーザにあるたまプラーザテラスむくもと眼科まで、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 045-482-3215
    common_tel.png