症状で探す

こんな症状ありませんか?

かすむ・ぼやける

近視や遠視、乱視などが進んで、目のレンズのピントが合わないと、屈折異常により視野がかすみます。
目の使いすぎにより、一時的に近視が進んだ調節緊張、眼精疲労が原因の場合もあります。
白内障で水晶体が濁ったり、緑内障で視野が狭くなったりして、見えづらくなることもあります。
網膜剥離は糖尿病網膜症、視神経炎など視神経の病気、虹彩、毛様体、脈絡膜の炎症であるぶどう膜炎が原因になっているケースもあります。

痛い・かゆい

花粉症などのアレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎、眼瞼炎などは、目の痛み、かゆみ等の症状が出ます。

目が充血する

目が充血する場合は、さまざまな原因が考えられます。早めに検査して、原因を特定することが大切です。

アレルギー性結膜炎など、結膜の障害
角膜びらん・角膜炎・角膜潰瘍など、角膜の障害
眼瞼炎、 麦粒腫、急性霰粒腫など、まぶたの炎症
ぶどう膜の炎症
逆さまつ毛による、結膜や角膜の障害 

痛みや違和感がないのに目が赤い場合は、結膜下出血の可能性があります。

物が歪んで見える・視野が欠ける

字が読みづらかったり、物が歪んで見えたり、視野の一部が欠けて見える場合は、加齢による黄斑変性の可能性があります。

虫やゴミのようなものが見える

白い壁や空を見た時、虫や糸くずのようなものが飛んでみえる現象を、飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。視点を変えても一緒に移動し、視野から消えることがありません。

網膜裂孔や網膜剥離、眼底出血など、ぶどう膜炎による硝子体混濁など網膜硝子体の病気の可能性があります。

まぶしい

初期の白内障は、視野が低下する前に、まぶしさを感じることがあります。天気のいい空やヘッドライトがまぶしいと感じる時は、白内障の初期症状の疑いがあります。

角膜炎や角膜潰瘍は、まぶしさに充血や目やにを伴います。
目が充血して、視力も低下している時は、ぶどう膜炎の可能性もあります。

しみる・痛い

角膜に傷がある場合は、目がしみたり、痛みを感じたりする場合があります。
ドライアイ、角膜びらん・角膜炎・角膜潰瘍などの角膜の障害の可能性があります。

眼のことでお悩みでしたら、たまプラーザにあるたまプラーザテラスむくもと眼科まで、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 045-482-3215
    common_tel.png